妄文社

妄文社は同人サークルです

profile

だあうえ
だあうえ
妄文社というサークルで同人誌描いております。
twitter
pixiv
circle.ms

amazon

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.08.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

リクエスト絵 キョン子


リクエスト絵 キョン子

存在は当然知ってたけど実はあまりよくは知らなかったピンポイントでしたが
キョン子ってこういうキャラで良かったのでしょうか…。


フジファブリック志村について3

「フジファブリック志村について2」で書いたのは
勢いにまかせて自動手記みたいに思った事をそのまま殴りつけたようなもので
夜中のラブレターと作詞は次の朝見るなという格言通りの状況

ただ時間が経つにつれて落ち着くものかと思いきや
逆に実感が湧いてきて悲しくなるから非常に困る

困る、といえば、志村が死んで悲しいというより
志村が死んで何故か困ってる
困るなあ フジファブリックの新譜がもう出ないなんて困るなあ


フジファブリック志村について2

ユニコーンが好きで、ユニコーンを聞いて育って
バンドを組んで、ユニコーンと同じ事務所に入って...
なんて、自分がなしえなかった夢を実現した男がフジファブリック志村だった
嫉妬とかじゃないけど羨ましい男だと思ったものだ

好きになったのは遅かったと思う
「赤黄色の金木犀」とか「陽炎」のPVは観た事あったけど割とスルー目な感じで(当時は。後に大きな間違いと気付く事になる。)

フジファブリックのメジャーファーストアルバム「フジファブリック」を何気なく聞いて衝撃を受けたのが最初
「TAIFU」の「飛び出せレディーゴーで踊ろうぜ だまらっしゃい」とかアホだと思った(褒め言葉)
「追ってけ追ってけ」は往年のドアーズのようなオルガンを鳴り響かせながら歌詞が「追ってけ追ってけ追ってけよ ほら手と手 手と手」
もう本当にアホだと思った(褒め言葉)
「打ち上げ花火」は本当に驚いた。レッド・ツェッペリンの「No Quarter」で「アキレス最後の戦い」だった。カッコ良すぎて死ぬかと思った。
それで歌詞はお地蔵さんの事を歌ってた。俺はもうダメだと思った。




そんな感じで70年代ハードロックを消化しながら、妙に古めかしい和風の言葉で独特な世界観、もうこれはやられたと思った。
ファンになった。

初めてライブを観たのは渋谷のクアトロか
なんか志村のご両親と姉妹っぽい人が見に来てたのを覚えてる。
ギター山内くんがTAIFUのソロで盛大に間違えてたw
荒削りでまだまだこれからのバンドだなと期待した。

仙台にまで見に行った事がある。まだ全然売れてなかったし
小さいライブハウスだったので終わったあと志村とちょっと喋って握手してもらったw
嬉しがるなw

「銀河」が発売されて妙ちくりんなPVが話題になって
「虹」が発売された頃にはかなり人気バンドになって箱がどんどんデカくなっていった。

新宿ロフト、観に行ったな。
リキッドルーム、観に行ったな。
スペ中の学園祭、観に行ったな。
日比谷野音、観に行ったな。
AX、観に行ったな。
CCレモン渋公、観に行ったな。「蒼い鳥」の演出が良かった。あの曲をシングルにするのはアホだと思った(褒め言葉)「茜色の夕日」のカップリングの「蜃気楼」が神曲過ぎた。アホだと思った(褒)
中野サンプラザ、観に行ったな。
ZEPP、観に行ったな。
両国国技館、観に行ったな。


ドラムが脱退して城戸ヒロシって人がサポートで叩くようになってから増々好きになったんだ。
物凄くグルーヴ感があるドラマーで、スリリングなドラムを叩く人で
CD向きというか、なんとなく大人しめで、ライブだとステージングが地味と言われる恐れがあったフジファブリックの楽曲が見違えるようにライブ映えするようになった。
フジファブリックがライブバンドになった。
志村が曲中で「イエー!」と叫び出したw



志村の生まれ故郷、山梨の文化会館みたいな所の「故郷に錦」なコンサートも観に行った。
月江寺駅って小さな駅に「富士山から世界へ響け!フジファブリック!」って垂れ幕があって
駅員のおっちゃんが自慢気にフジファブリックの話を近所の人に話してたのを覚えてる。






志村の親戚とか同級生みたいな人と花で文化会館のロビーがいっぱいでねw
故郷に錦とはこの事だなあと思った。ファブリックなだけに。
その日のMCが印象的で「バンドなんかやってヘラヘラと生きてると思われがちだけど、楽しい瞬間なんてほんの一瞬で、結構辛いんだ」
みたいな事言ってたな。(Sugarの特典DVDに入ってたかな)
「茜色の夕日」で志村が泣いて歌えなくなってた。

「東京の空の星は 見えないと聞かされていたけど 見えないこともないんだな そんなことを思っていたんだ」

まあ泣くよね。
バンドやるって上京して、メンバーがどんどん脱退して、色々あって今のメンバーと出会って
けっこう有名になって故郷のコンサートでこんな歌を歌うならw
いいライブだったよあれは。
本当に幸せな奴だなあと思った。


4枚のアルバムを出して、その4枚がどれも似てない
4枚目には1枚目の影も形もないw
本当に進化し続けたバンドだね
昔からのファンで途中でついてこれなくなった人もいたかもしれないけど
自分は好きになったのが遅かったおかげで順応できたか。

自分は男だから志村のルックスとかは当然どうでもよいし
歌も正直ありえないくらいヘタクソなんだがw(これが事実なのはファンほど知っているだろう)
不思議な存在感のある声だった。

志村の作る楽曲は本当に凄かった。
天才だったと言って憚らない。
別に死んだから言ってる訳じゃない
前から言ってた
あいつは天才だった


フジファブリックの初期の曲に「笑ってサヨナラ」って曲がある。

「笑ってサヨナラしてから 間違い探しをしていた どうしてなんだろう 間違い探しをしていた」
「ここ何週間か僕は 独りで色々考えてた どうしてなんだろう どうしてなんだろう」
名曲だと思う。

ライブではほとんどやらなかったから自分はライブで聞いた事がない。
「多分、フジファブリックが解散する時に、解散ライブでやるんだろうなー。
人気がある曲なのにライブでなかなかやらないで、ファンを焦らして、
解散ライブでやって、ファンを号泣させるつもりなんだろうなー。志村そういう所あるよなー。ドSだからなー」
とか前からぼんやり思ってた。

そんな想像の斜め上を行くのが志村だったよ。
本当に志村には敵わない。


天国でニヤニヤしててくれ
してそうだな
してるだろうな
ロックスター
ご冥福はさっき祈った 



フジファブリック志村

天才だったと思います。
ご冥福をお祈りします。


すげーすごくねー?

すごいものが当たってしまったかもしれない。
まんがライフMOMOで。
しかし、同姓同名の経済学者かプロゴルファー選手かもしれないので
まだ油断できない。まだだ。


ここだけのふたり!復活

ここだけのふたり

「まんがくらぶ」で長年看板漫画として表紙を飾っていたものの
2002年に突然打ち切りになり、単行本も絶版になっていた
森下裕美先生の「ここだけのふたり!!」が
2008年「漫画アクション」で復活。

これには本当にビックリ。
本当に嬉しい。

個人的に、4コマ雑誌を読み始めるきっかけを作った作品でもあり
同人を始めるきっかけになった作品なのです。

「ほのぼの」と「ダークサイド」を巧みに使い分ける天才性は健在
変わったのは、長年謎にされてきた夫と妻に名前が明かされたこと。
マイホームを購入したこと。妻が妊娠してること。

「少年アシベ」が「COMAGOMA」として復活した時
「少年アシベ」の時の脇キャラが一部登場しなくなったという事があったので
今回も、団地の「隣の奥さん」とか出番なくなってしまうのではないかと心配。
もう「隣の奥さん」じゃないからね…。


あと、「漫画アクション」は電車の中で読めない雑誌と判明しました。
夫と妻の名前が判明する最終ページを読んでニヤニヤしてたら
次のページがエロ漫画で、女性の股間がドアップで
「チュク…」「チム…」「ムチュ…」「ン…」という漫画でした。
まあそのまま読んだけれども。



Y−1グランプリ・4コマファン感謝祭07’トークイベント

行ってまいりました、Y−1グランプリ・4コマファン感謝祭07’トークイベント


新宿ロフトプラスワンに到着したのが19時45分過ぎ。
中に入ると丁度、小坂俊史先生が紹介される所。
前日の日記に風邪をひいて欠席するかもと書かれていたので心配していましたが
でかいプリンを喰うと風邪は治るらしい。


竹書房編集のモッチーさんとライブドアデイリー4コマ編集部の方の司会進行で
ぎゅうぎゅう詰めに座っている先生方が紹介されていきます。


「こけももさん」の なかしまゆみこ先生
「コンビニ番長」の ふくた伊佐央先生
「さかな&ねこ」の 森井ケンシロウ先生
ご存知、「せんせいになれません」の 小坂俊史先生
「魔女っ娘つくねちゃん」、「よいこのしごと」の まがりひろあき先生
「お父さんは年下」の 北条晶先生
「プアプアLIPS」の 後藤羽矢子先生
それから、「クロジとマーブル」の 富永ゆかり先生!


新世代4コマ作家の登竜門的存在、ライブドアY−1グランプリのイベントとあって
トークテーマはいたって真面目に4コマについて熱く。
…なのですが
ふくた伊佐央先生と森井ケンシロウ先生のキャラが面白くていい感じでしたw
ふくた先生は汗っかきキャラ担当、森井先生は何を言ってもオチ担当w

1コーナー終了して、先生方は一旦退場。


「けものとチャット」の みずしな孝之先生と
「ねこまんが」「家政婦のエツ子さん」の こいずみまり先生が登場して
トークテーマ「4コマ漫画家で10年食っていく方法」

みずしな先生はもう、オーラが芸人のオーラになっているのでw
出てくるなり掴みネタを飛ばしまくりで会場の空気が変わります。
流石に18歳の時にデビューして、ずっと4コマ漫画界をリードしてきた貫禄が。


入場時に渡された紙に「けものとチャット」の2コマ漫画が書いてあり
その吹き出しにセリフを入れろ、という企画があって
観客が書いて休憩時間に回収。
それをみずしな先生とこいずみ先生が選んで紹介したのですが

一番最初に読まれたのが、なんと自分、という…。
お恥ずかしい…。

グランプリに選ばれた方の作品は流石にクオリティが高く、勉強になりましたw
言うなれば、サラリーマン川柳 第1位のような完璧さ。
ああいうネタが思いつくようになりたい。


プレゼント大会は竹書房のデッドストックなノベルティや
Y−1グランプリ作家さん、竹書房作家さんのサイン本、サイン色紙等々。
数も多く、当たる確率も高めだったので、知り合いの4コマファンの方々が次々に激レアグッズを当てていくという状況にw
自分はふくた伊佐央先生の「コンビニ番長」色紙をゲットしました!(イベント終了後に名前を入れてもらいました)

コンビニ番長


話は前後しますが、参加された作家さんが全員出てきて、4コマについてトークするコーナーや
「FLASH版こけももさんメイキング」「森井ケンシロウ先生の仕事場拝見」のコーナーもありました。


トークで印象に残ったのは、ライブドアY−1グランプリのイベントという事もあるかもしれませんが
4コマ漫画の、紙とwebの見せ方の違いについての考察、紙媒体にとらわれない新しい表現・発表の仕方について。
特に「ニコニコ動画」という単語がよく使われていた事でしょうか。

やはり最近の「ニコニコ動画」「初音ミク」あたりの現象は、表現者には無視できない
非常に面白い存在なんだろうなと、改めて思いました。

ニコニコシステムでツッコミ入れながら4コマ漫画を読めるまんがライフニコニコとか
連載漫画のテーマソングが初音ミクでダウンロードできるまんがライフボーカロイドとか
本当にあってもおかしくない時代なのかもしれないですねw





余談ですが、イベント終了後
小坂先生と少しだけお話できました&記念にサインしてもらったのですが
その際、ショッキングな言葉を書かれて俺涙目。


ハルコビヨリ




ね、簡単でしょ?

マヨ子さん


前回、マヨ子さんの肝心なホクロを忘れるという失態。

(下書きの段階では描いてたのに)

という訳でマヨ子リベンジ。

胸はやはりぺたんこで。



マヨ子さんと一緒に

「天然一族」の単行本出してくださいと祈ってみます。



背景は、突然「ボブの絵画教室」を思い出して

それっぽく自然の風景を描いてみようと思ったものの

見事に足元にも及びませんでしたw






こんな風に絵が描けたら楽しいだろうなあ…

簡単じゃないよ!ボブ!








花咲だより+天然一族

花咲だより+天然一族

まんがタイムオリジナル 8月号



花咲だより 高原けんじ



1人暮らしをする大学生の弟、「咲太」の部屋に

家出をして転がり込んできた姉、「花」。

自己中心的でガサツな花に振り回される咲太のお話。





新連載2回目、面白くなってきました。

前作「天然一族」同様、やはり単発ネタが冴える。



弟の部屋で、自分より年上のアイドルのヌード写真集を発見して

「咲太めっ、私より年上がいいのかい!?」と涙を流して怒り狂うという

危ない(笑)一面があることが発覚。



そういう方向性は大好物ですw





高原けんじ先生の描く女の子キャラは密かに可愛いと

天然一族・マヨ子さん登場以前から気付いていましたが

高原先生の描く女の子キャラは皆、おっぱいがぺたんこです。

ぺたんこに、譲れぬこだわりがあるに違いありません。



もってけ!デトロイト自由帳でスケッチキャンプの大家族

ネタはなくとも、更新しようという心意気。


4月29日(日)は、「重野なおき先生サイン会in千葉マグマニ」に行ってまいりました。
以前あった、「うちの大家族」でのサイン会の時に、みゆ美のイラストを書いてもらい、
イベントのジャンケン大会獲得した元MBTさん所有の、音也のイラスト入りサイン本も所有しているので
『今回は当然、「愛子」か「キリカ」だろう、キリカだなうん、キリカを描いてもらおう…』
と心に決めていたのに、なぜか直前で心が変わって、また「みゆ美」を描いてもらってしまったという。
腹黒キャラ好きの私です。こんにちは。
サイン会終了後は、お顔見知りの方々にお声を掛けて談話。なぜか鉄道話。今、テツが熱い。




その後、女王・とりはる姐さんに連れられて
抽選で50ペア100人しか入場できないレアイベント、DMCウルトラクイズの為、渋谷タワーレコードに。
○×方式で出されるデトロイトメタルシティのカルトクイズ。
なぜか勝ち進んでしまいステージへ上がる事にw
観客にブタと罵られ、若杉先生に尻を蹴られ、M男冥利につきる通常では味わえない一生モンの快感を得てきました。
完全に覚醒しましたね。


記念に、以前描いた絵を再掲。







5月4日(金・祝)はひだまりスケッチオンリーイベント・やまぶき祭らき☆すたオンリーイベント・稜桜祭に一般参加。
着いたのは終了時刻間際だったのですが、大盛況。

らき☆すたのOP曲「もってけ!セーラーふく」にハマってる人は多いでしょう。無限リピート状態で聞けちゃう曲ですね。
アニメソングでアップテンポの曲というと、トランスやユーロビートみたいな曲になる事が多い中
あの曲は、往年のレッチリばりのブリブリなファンクロックって所がミソなんですかね。




イベント終了後は、4コマ仲間の方々をお誘いして楽しくお話。濃い〜お話。






5月5日(土)は、コミティアに一般参加。
春箱」さんがサークル参加してました。
重野なおき先生、小坂俊史先生がコミティアで発表していた「ジャポニカ自由帳」名義の作品が
「ふたりごと自由帳」として7月6日(金)に芳文社から発売ですね。めでたい。

両先生の他の作品とは違い、ギャグなしで切ない系のショートストーリー詰め合わせで
通常コミティアに来場した人しか入手できない本だったので
まだ読んだことがないという方は、是が非でも購入するべき一冊だと思います。

久々に拝見した小坂先生は、長髪・茶髪で、以前より痩せていて、ミュージシャンのようでした。
重野先生に体重が移動したという噂があります。噂です。あくまで噂です。

コミティア終了後は新宿で春箱さんたちの打ち上げに参加。酒だ!酒だ!と
2日連続、濃い〜話で盛り上がる。



GWはイベント盛り沢山で、いろんな方と出会えて本当に楽しかったです。
今後とも皆様よろしくお願いします。






最後に宣伝をさせてください。

恍惚のM男こと私がやっている、wandercampというバンドがライヴをやります。

wandercamp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2007.06.10 (sun)

下北沢 ERA
地図→GoogleMap

Hooker Stroke 自主興行 "SS#4"

開場18:00/ 開始18:30  
前売1,500 / 当日1,800

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


興味がある、来て頂ける、行けるかも〜、という方はご連絡ください。
お願いいたします。
おまえを地獄でまた殺す!


wandercampのホームページは
http://wcamp.jpn.org/

こちらで、曲の試聴ができます
http://www.myspace.com/wandercampjapan



| 1/1PAGES |