妄文社

妄文社は同人サークルです

profile

だあうえ
だあうえ
妄文社というサークルで同人誌描いております。
twitter
pixiv
circle.ms

pixiv

kikan

amazon

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.08.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フジファブリック志村について2

ユニコーンが好きで、ユニコーンを聞いて育って
バンドを組んで、ユニコーンと同じ事務所に入って...
なんて、自分がなしえなかった夢を実現した男がフジファブリック志村だった
嫉妬とかじゃないけど羨ましい男だと思ったものだ

好きになったのは遅かったと思う
「赤黄色の金木犀」とか「陽炎」のPVは観た事あったけど割とスルー目な感じで(当時は。後に大きな間違いと気付く事になる。)

フジファブリックのメジャーファーストアルバム「フジファブリック」を何気なく聞いて衝撃を受けたのが最初
「TAIFU」の「飛び出せレディーゴーで踊ろうぜ だまらっしゃい」とかアホだと思った(褒め言葉)
「追ってけ追ってけ」は往年のドアーズのようなオルガンを鳴り響かせながら歌詞が「追ってけ追ってけ追ってけよ ほら手と手 手と手」
もう本当にアホだと思った(褒め言葉)
「打ち上げ花火」は本当に驚いた。レッド・ツェッペリンの「No Quarter」で「アキレス最後の戦い」だった。カッコ良すぎて死ぬかと思った。
それで歌詞はお地蔵さんの事を歌ってた。俺はもうダメだと思った。




そんな感じで70年代ハードロックを消化しながら、妙に古めかしい和風の言葉で独特な世界観、もうこれはやられたと思った。
ファンになった。

初めてライブを観たのは渋谷のクアトロか
なんか志村のご両親と姉妹っぽい人が見に来てたのを覚えてる。
ギター山内くんがTAIFUのソロで盛大に間違えてたw
荒削りでまだまだこれからのバンドだなと期待した。

仙台にまで見に行った事がある。まだ全然売れてなかったし
小さいライブハウスだったので終わったあと志村とちょっと喋って握手してもらったw
嬉しがるなw

「銀河」が発売されて妙ちくりんなPVが話題になって
「虹」が発売された頃にはかなり人気バンドになって箱がどんどんデカくなっていった。

新宿ロフト、観に行ったな。
リキッドルーム、観に行ったな。
スペ中の学園祭、観に行ったな。
日比谷野音、観に行ったな。
AX、観に行ったな。
CCレモン渋公、観に行ったな。「蒼い鳥」の演出が良かった。あの曲をシングルにするのはアホだと思った(褒め言葉)「茜色の夕日」のカップリングの「蜃気楼」が神曲過ぎた。アホだと思った(褒)
中野サンプラザ、観に行ったな。
ZEPP、観に行ったな。
両国国技館、観に行ったな。


ドラムが脱退して城戸ヒロシって人がサポートで叩くようになってから増々好きになったんだ。
物凄くグルーヴ感があるドラマーで、スリリングなドラムを叩く人で
CD向きというか、なんとなく大人しめで、ライブだとステージングが地味と言われる恐れがあったフジファブリックの楽曲が見違えるようにライブ映えするようになった。
フジファブリックがライブバンドになった。
志村が曲中で「イエー!」と叫び出したw



志村の生まれ故郷、山梨の文化会館みたいな所の「故郷に錦」なコンサートも観に行った。
月江寺駅って小さな駅に「富士山から世界へ響け!フジファブリック!」って垂れ幕があって
駅員のおっちゃんが自慢気にフジファブリックの話を近所の人に話してたのを覚えてる。






志村の親戚とか同級生みたいな人と花で文化会館のロビーがいっぱいでねw
故郷に錦とはこの事だなあと思った。ファブリックなだけに。
その日のMCが印象的で「バンドなんかやってヘラヘラと生きてると思われがちだけど、楽しい瞬間なんてほんの一瞬で、結構辛いんだ」
みたいな事言ってたな。(Sugarの特典DVDに入ってたかな)
「茜色の夕日」で志村が泣いて歌えなくなってた。

「東京の空の星は 見えないと聞かされていたけど 見えないこともないんだな そんなことを思っていたんだ」

まあ泣くよね。
バンドやるって上京して、メンバーがどんどん脱退して、色々あって今のメンバーと出会って
けっこう有名になって故郷のコンサートでこんな歌を歌うならw
いいライブだったよあれは。
本当に幸せな奴だなあと思った。


4枚のアルバムを出して、その4枚がどれも似てない
4枚目には1枚目の影も形もないw
本当に進化し続けたバンドだね
昔からのファンで途中でついてこれなくなった人もいたかもしれないけど
自分は好きになったのが遅かったおかげで順応できたか。

自分は男だから志村のルックスとかは当然どうでもよいし
歌も正直ありえないくらいヘタクソなんだがw(これが事実なのはファンほど知っているだろう)
不思議な存在感のある声だった。

志村の作る楽曲は本当に凄かった。
天才だったと言って憚らない。
別に死んだから言ってる訳じゃない
前から言ってた
あいつは天才だった


フジファブリックの初期の曲に「笑ってサヨナラ」って曲がある。

「笑ってサヨナラしてから 間違い探しをしていた どうしてなんだろう 間違い探しをしていた」
「ここ何週間か僕は 独りで色々考えてた どうしてなんだろう どうしてなんだろう」
名曲だと思う。

ライブではほとんどやらなかったから自分はライブで聞いた事がない。
「多分、フジファブリックが解散する時に、解散ライブでやるんだろうなー。
人気がある曲なのにライブでなかなかやらないで、ファンを焦らして、
解散ライブでやって、ファンを号泣させるつもりなんだろうなー。志村そういう所あるよなー。ドSだからなー」
とか前からぼんやり思ってた。

そんな想像の斜め上を行くのが志村だったよ。
本当に志村には敵わない。


天国でニヤニヤしててくれ
してそうだな
してるだろうな
ロックスター
ご冥福はさっき祈った 



スポンサーサイト


  • 2016.08.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
フジファブリックを知って、ドハマりした時には志村さん死んでました。最近笑ってサヨナラを初めて聞いて、これもまたドドハマりして、live動画で探しましたが、見つかりませんでした。そういうことでしたか。解散にとって置いたと思ったら、天国まで持って行っちゃたよ。究極の出し惜しみ。
  • のび
  • 2014/06/11 11:25 PM
どことなく反戦歌に感じます。
  • シンクロ
  • 2017/01/09 7:31 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック